うさホリ ダイアリー

うさぎのことやら、陶芸のことやら、日々の暮らしのことやら。

意外にしっかりしてた私

もきったん


あれから一年たちました。

今週は、いろいろ思い出したり考えるところもあったりして、
「たぶんこの日は眠れなかったり、泣いたりするんだろーなー・・・」なんて思ってたけど、意外にもしっかりフツー通りな私(^_^;)

よかった。ホッ。

新しいお花買ってきたよ♪

ミニ一輪挿し

一輪挿し


一輪挿し2


小さな一輪挿しをいくつか作りました。
あれこれ試してみたい技法があったのに、つい、いつものようにうさぎさんの掻き落とし・・・。
赤土に織部がなんとなく気に入りました。

削った!

つぼ


久しぶりにうさぎさんのついてない作品(^_^;)

ちょいと厚めに作って、彫刻等でガシガシ削りました。
厚めにかけた釉薬を部分的に擦って落として濃淡つけました。
ちょいといかつくなっちゃったかな?

8年

もきったん・・・


今日はもきったんの誕生日。
去年の今頃は壮絶な戦いの毎日でした。
そろそろお月様ライフに馴染んでるはず。

8年目も一緒にお祝いしたかったなぁ。
お花は今日も、もきちんのテーマカラーのオレンジです。

まだめそめそしちゃう。

リアルっぽい泡

体洗ってます


お風呂うさぎさん作ってます。
このコたちは、すっかり定番になりました。
湯船として使ってる小さな磁器の器を取り扱ってるお店がほとんどなくて・・・今んとこ一店舗しか知らない・・・取り扱い中止とかになったらどうしようといつもドキドキなのよ。
そのお店がちょいと遠いのでそう頻繁にも行けず、買出しに行った時には、一気に50個とか100個とかまとめ買いをするので、いつもお店の人に不審がられます(-_-;)

お風呂うさぎさんたちのポーズも少しずつ増えてきました。
お耳洗ってたり、ほっぺ洗ってたり、背中やらおなかやらわき腹洗ってたり。
お湯に浸かってぽやーんとしてるコたちもいます。
さて、次はどんなポーズのコ作ろうかな。
体洗う石鹸の泡がリアルでいいでしょ。

3分咲き

神奈川県にある梅林へ行ってきました。
対向車が来たら、譲り合って通るような、町の中の細道を進むと、その先にはかなりな賑わいの梅林が。
梅林



種類によっては、花盛りの木もありましたが、全体的には、まだまだ。
3分咲きって感じ。
あと一週間遅く来ればよかったかな。
桃色

はぁと♪

ハートのパーツ


真っ白に焼きあがる土を使って、ハート型のプレートを作りました。
「作りました」なんて書くとなんだか・・・(^_^;)。ホントは残った土で遊んでみただけ。
前回テキトーに手で作ったのでへしゃげたハートだったのですが、今回はクッキー型を使って抜きました。
真っ白な土だと、カラー釉薬の発色映えますね。

ギリギリうさぎ

いも虫じゃーないよ。
陶うさぎさん作ってます。これは胴体。中は空洞。
胴体



そして、別に作っておいた頭を合体!
頭も空洞。合体させるときに胴体、頭にそれぞれ穴あけてから合体させます。
頭



胴体の形、肉付きを整えたら、前足作ります。
手



後ろ足としっぽもつきました。
足



お耳をつけたら、最後にお顔の形を整えて、目鼻を作って出来上がり~♪
目鼻




本当は、もうちょっと手足をのびのびとおおらかに伸ばしたポーズで作る予定だったのに、窯の内寸の関係上、ひっこめ気味の手足になっちゃいました。
このコ、窯の内寸とぴったり同サイズ。
乾燥で少なくとも1cmは収縮するので入ると思うのですが・・・・激しく不安(^_^;)
冬は気温低くて、なかなか乾燥しないので、念のために乾燥に1ヶ月ほどかけてから素焼きします。

熱エネルギーの有効利用

ぞーがん作業完了

生乾きの器に白化粧を施して、絵柄を掻き落としました。
ナイフとフォークを両手に持って、おいしいお料理を待ち構えてるうさぎさん♪
素焼き後に淡く下絵の具で着色してから本焼きする予定です。



本焼きしている最中、窯の上部はやけどするほどではないにしろ、かなり高温になります。
放熱で部屋の中は、ストーブ焚いてるぐらいぬくぬく。
残念ながら窯を置いてるのは物置部屋なので、せっかくの暖かい空気は無駄に放熱されるばかり・・・。
もったいないので作品を乾燥させました。
いきなり生土を乗せると急激に乾燥しすぎてひび割れたりゆがんだりするので、ある程度乾いてきた作品の、仕上げ乾燥として使うのがGood。
熱エネルギーリサイクル



さて、本日発売された「うさぎと暮らす35号」に、「うさぎ'N本舗」の作品を読者プレゼントとして提供させていただきました。
巻末ハガキのアンケートに答えて応募してね!
うさくら提供品


びふぉーあふたー

自宅で大活躍してた楕円深皿を割ってしまったので、新たに作ってます。
前のより、ちょっぴり浅かった(-_-;)


撥水剤やらカッティングシートやらマスキングテープやらクラフトパンチやらを総動員して、釉薬のかけわけの準備です。
恐ろしく手間かかりすぎ。でも楽しい~♪
楕円皿びふぉー



そして、本焼きしたのですが、12時間かけても設定温度に達せず。
延長して通電したので、大丈夫だろうとスイッチ切ったら、
こんな仕上がりに・・・ピンホールだらけ(涙)
かけわけはうまくいったんだけどなぁ・・・。
もうちょい温度上がってればなめらかに溶けたんだろうか?
楕円皿あふたー



電力不足も問題だけど、どうやらいよいよ窯が寿命かもしれません。
趣味用にしては、ちょっぴり高性能ってレベルの窯だったし、ずいぶん前に製造中止になって修理もできないし、もう190回も使ったし。
買い換えるなら正式な陶芸窯メーカーの窯にしよう。
これがいいなーと思ってる窯があるのですが、なんせ数十万円もするので、なかなかふんぎりがつかないよ~。
しかし、この先、販売会出展ラッシュなので、窯無しというわけにはいきません。早く金策練らないと!!

桜の花びらの箸置

昨日のちびちびうさぎさんは、箸置のパーツです。
桜の花びらの形のベースにちょこんと乗せました。

箸置



ある程度まで乾燥したら、側面をサンドペーパーでやすります。
よく陶芸の手順書などでは、素焼き後にサンドペーパーかけて・・・と書いてあったりしますが、私にとっては、素焼き前の生土(乾燥)の状態でやする方が、軽い力ですむのでやりやすいのです。
ただ、乾燥した土の状態はかなり脆いので、力加減のコントロールいります。
ちょっとがっしりホールドするとパキッと割れちゃったり・・・(^_^;)
やすりがけ作業は、ほんのちょっとした荒れを整えるぐらいの軽いものですが、この一手間で仕上がりに大きな違いが!
この後、芯まで完全に乾かしてから素焼きです。
削り作業中



ちみっと残った土でこんなもの作りました。
呉須でうさぎさんを描きました。なめらかに濃淡つけるの難しい~(>_<)
透明釉かけてキーホルダーにしようと思ってます。
キーホルダー

目が寄る~!

ちびちびうさぎ


極小うさぎさんをいっぱい作ったら、目が寄りそうになっちゃいました(^_^;)

タタラきらい

2/10の日記に載せたティーカップ。
タタラで作ったらゆがんだので、今回は手びねり改良バージョンです。
タタラというのは、板状にのばした粘土を型に添わせたり、組み立てたりして作るやり方なんですが、やわらかい時に無理な力がかかったりしたら、乾燥と共にじわじわとゆがんだり反ったりすることが多くて難しいの・・・。


やっぱり手びねりのが思い通りに作れるわ。
しかし、1個完成させるのにものすごく時間かかっちゃう。
あれこれ細工するの好きなのもあるからねー(-_-;)
今回のカップにはたれみみちゃんをつけました。ふんばってます(笑)
貼りつきちゃん


カップ全体像はこんな感じ。
持ち手になる桜の花もダブルにして、しっかりホールドできるようにしました。
たれみみカップ


あまった粘土でちんまいカップ作っちゃった。
実は親指の先ぐらいの大きさ。ドールハウス仕様?!
ちびカップ

チョコの代わりにピチピチの魚?

今日はバレンタインデーですね。
世間では、本命チョコやギリチョコ以外にも、製菓メーカーの陰謀か、友チョコやら逆チョコやらが飛び交ってるようですが、我が家ではバレンタインにチョコの出現はありません(涙)
・・・と言うのは、我がオットにはカカオアレルギーなるものがあるので。

「海鮮食べたい!海鮮!!」というオットのリクエストにお応えして、房総半島にある某海鮮バーベキューのお店へ行きました。
チョコの代わりといっちゃー、色気ゼロですねぇ(-_-;)

いけすの中のお魚やら貝やらをチョイスして、まず会計。
それをバーベキュー席へ持って行って、焼いて食すのです。
新鮮採れたての魚介類はどれもこれも美味しい~!!
予想通りと言うかなんと言うか、写真は最初に1枚撮ったっきりで、その後は食べるのに夢中で写真ナシです・・・。
お魚うんまー


帰りに見た海。
足元は転がり落ちそうな急斜面。ちょっとコワかった。
海のきわきわ



今週は、浜松旅行に始まり、ジャズライブにお食事会にバーベキュー。
遊び好きです。食べすぎです。
製作も摂生も明日から頑張らねば!!

うさうさDay

横浜のP邸へお邪魔してきました。
まずは、大さまに謁見。
ご機嫌うるわしゅう♪

なんと、お着替え真っ最中の大さま。
サイドライン付のお召し物がいかしてます。うぷぷ(笑)
まだ寒いから、脱ぐの早いんじゃない?
サイドライン付大さま


抱っこされて「もきゅっ?」ってな感じの表情もかばえぇ~♪
もきゅっとした大さま


P邸には、現役うさ飼いさんたち、元うさ飼いさんたち、その家族たちが総勢9名も集まって、わいわいがやがや、ごくごくむしゃむしゃ。
お料理はテーブルに並ぶ端から平らげられてしまって、もちろん写真なし(笑)
いつもいつも美味しいお料理と楽しい時間を提供してくれるPさんに感謝です♪


せっかく準備してくれたうさぎラベルのワイン。飲みそびれたのが一番心残りです~(-_-;)
うさワイン


鈴うさちゃんズ第二弾

お顔のついた鈴うさーズ


鈴うさ(土鈴)ちゃんたちを作ってます。
以前、信楽の並こし土で作ってました。
カラコロとした素朴な音のする土鈴になったのですが、ちょっぴり素朴すぎて物足りない気がしたので、今回は、土を変えてみました。
そして、中に入れる土の玉にもちょっとした細工をしたので、たぶん前回のコたちよりも響きがよくなるはず・・・。
はたして予想通り良くなるかな~?

乾燥が終わったコたちに目鼻を象嵌して、素焼きをしました。
土玉と胴体がくっつかないようにかませてあったティッシュペーパーが焼けて、灰になります。
バラバラ落ちてきて、床を灰だらけにしてしまったー(涙)


バレンタインジャズライブ

STB


冷たい小雨降る中、六本木STB139へ行って参りました。
今日は、曾我様のギター&野口(JABBA)久和さんのピアノによる初のジャズライブ♪
今日のライブ


むかーし、学生の頃、ちょびっとジャズピアノやったりしてたこともあったので、スタンダードジャズは結構好き♪
ジャズといっても、すごく幅広いので、どんなステージになるんだろー?
やっちんとジャズがなんとも結びつかなかったので、いろいろ想像してたんだけど、かなり想像とは違うステージでびっくり。
いつものライブと比べるとかなり異色な感じで、最初どうノッてけばいいかとまどっちゃった(^_^;)

昭和初期の戦後歌謡(・・・というのだろうか?ムード歌謡?)の数々!!
「青空(だったっけ?)」「月光値千金」「恋人よ我に帰れ」あとなんだったっけ「なんとか(←ここわからん)の振り子」とかほかにも数曲。
なぜか知ってる曲多し・・・。どこで聞いたんだろ、私(^_^;)

戦後入ってきた洋楽に日本語の歌詞を乗せて、アレンジして歌っていた曲だそうです。
ベースになってたのが、ジャズだそうで。
ほほぅなるほど。そう言われれば、そうだよね。

やっちんとの曲の合間に演奏された、JABBAさんのピアノソロ、すごくステキでした。
サテンドール。大好きな曲なのです♪




STBの外壁に飾られているハーブ類。装飾兼ねて育成中のようで、陽が落ちると店内に引き上げられてました。
店員さん、ご苦労さん。
ハーブ



六本木のドンキにこんなのいた!
まるで水族館のようでびっくりでした。
巨大魚


貼りつきうさぎさんたち

春っぽい作品を作ってます。
春と言えばやっぱり桜かなー・・・ということで、ピンクの土を作って桜の花にすることに。


桜のカップ。久しぶりにタタラでカップ作ったらなんかうまくいかん・・・(-_-;)
手びねりのがずいぶん楽に作れそうなので、次回は作り方変えてみるつもり。
うさぎさんをくっつけてみました。
カップ


うさぎさんの視線の先には、舞い散る桜の花びら。
カップ上から


同じく、桜モチーフでお皿も作りました。
こちらは、仲良し2匹ちゃんが一緒です。
皿

浜松2日目

明け方までいろんな話をして、睡眠時間4時間弱。起きたらあいにくの雨でした。
ホテルがレイトチェックアウトOKなのをいいことに、昼前まで部屋でゴロゴロ。
睡眠不足が体にコタエるお年頃の二人です(^_^;)

今日は浜名湖の北の方にある鍾乳洞へ。
「竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)」です。
入り口から出口まで、けっこうな距離です。

竜ヶ岩洞


途中、岩の裂け目のようなところをすり抜けたり、大柄な人なら無理っぽいような穴をかがみこんでくぐったり。
巨大な竪穴があり、その穴の上から落差40mの滝が轟音たててました。この滝を竜に見立てて、洞窟の名前の由来になったってことみたい。
すきま


ちーっこいコウモリがぶらさがってました。
パシャパシャ写真撮ってると、イヤだったのか、じわりじわりと後ずさるコウモリちゃん。
こうもりちゃん


鍾乳洞から出てきたら、雨も上がってました。
お昼には「石松」というお店で餃子をしっかりいただきました。
ちょっぴり甘めのタレがおいしい~♪
20個以上オーダーしたら、ひまわりの花ように丸く並べて焼いてもらえるらしいのですが、10個だったので・・・残念。
有名店なのか、タレントさんのサイン色紙がいっぱい飾られ、私たちが食べてる横では雑誌か何かの取材が入ってました。
ぎょうざ


朝チェックアウトを済ませてたにもかかわらず、サービスでもらったケーキの券を使おうと、再度ホテルに戻り、キレイな芝生のお庭を見ながらお茶タイム。
今回の旅行、食べ物はどれも美味しかったです♪食べてばっかり(笑)
ケーキ


有意義な話もできたし、美味しかったし、楽しかったし、うさぎ'N慰安旅行、毎年恒例行事にしちゃおっかなーなどと目論んでおります。

結成7年目で初の慰安旅行

初めての「うさぎ'N本舗」の慰安旅行です!!

朝のラッシュで窒息しそうになりながら東京駅へ。
いいお天気!これから一路浜松を目指します。
富士山もクッキリです。
ふじさん



お昼前に浜松駅に到着。NAGIさんと落ち合って、まずは腹ごしらえ。
もちろんうなぎ!ほわほわしみしみうまうま~♪
カタカナだと、「ウナギ」は「ウサギ」によく似てるよね。
うなうな



おなかが満たされたところで、ブイーンと浜名湖一周ドライブ。
湖畔にある「ぬくもりの森」というところへ行きました。
丘の一角が外国の絵本に出てくる町のように作られてます。
レストランやら、ギャラリーやら、カフェやら、雑貨屋さんやら。事務所までもおとぎの国のようです。
絵本みたいなおうち



照明器具もドアの取っ手も水道蛇口も全部かわいい~。
こちらはカフェ。
かふぇ


ケーキ食べました。
ケーキ



その後ドライブの続きをするも、ちょっと車を停めて風景を楽しんだり写真撮ったりするようなスポットが見つからずに、ただ車内でおしゃべり(^_^;)
結局一周回って戻ってきちゃったよー。ホテルの近くのパーキングから浜名湖をながめました。
その上を轟音を響かせながら航空自衛隊の飛行機が行き来します。
飛行機



ビューポイント探してるうちにすっかり夕暮れに。
なんとか夕焼けに間に合った~。
浜名湖に沈む、燃えるような太陽。
夕暮れ




10年前、ロッピー連れの私とアッシュくん連れのNAGIさんが枚方公民館で出会ったこととか、
二人ともうさぎをモチーフに物作りやってたこととか、
物作りを単なる趣味で終わらせたくなかったこととか。
いろんな偶然やらめぐり合わせがあって、今こうやって「うさぎ'N本舗」やってます。

結成当初から、悩みや迷いが山盛りあったけど、二人だったから乗り越えられてきたのかもしれません。
私一人だったらこんな続いてないかも(^_^;)
たぶんこれからも、悩みはつきないだろうけど、こうして乗り越えて進んでいけるといいなぁ。


イベントでは、挨拶もそこそこにディスプレイして、販売接客して、後片付けしたらあわただしく帰り電車に飛び乗る・・・ってことの繰り返しで、しょっちゅう会ってる割にはゆっくり話ができないんですよ。
なので、今回の旅行中、行って帰るまでじっくりといろんな話をしました。
構想中の作品についてだったり、次のイベントの傾向と対策練ったり、今後のユニットの方向性だったり、新しい企画のアイディアだったり、その他もろもろ。たっぷり有意義な話し合いができました。
・・・・朝4時まで(^_^;)


つづく・・・

港町の猫

我が家のお風呂が不調です。
換気扇からなぜか風が吹き出すわ、シャワー切り替えのレバーから水漏れするわ、追い炊きが故障するわ・・・。
今週末に修理来るようにお願いしといたのに、まだ来ませぬ。
担当者から、今月はリフォームやら修理やら立て込んでて忙しいとは聞いてたけどさー。

午後になるまで連絡待ってたけど、連絡なかったので、気晴らしにドライブ。
ちょいと南の港町まで。


小さい港なのに、けっこうデカい船がたくさん停泊してました。
木更津


港の横の公園では猫さんたちが集ってました。
このコは、とても人慣れしてるようで、至近距離でカメラ構える人間にポーズキメちゃうぐらい余裕たっぷり。
でも触らせてくれんかった・・・。
ねこさん

ちょこぱんだ!

チョコばんだ

パンダです!
チョコです!
いろいろポーズあります。
かわいい~!!

でも、パッケージから取り出したとたんに、ただの白いチョコボールになっちゃって魅力半減です(^_^;)

雨降りカップ

雨降りカップが焼けました。

雨の日の物憂げな感じと、したたる雨のしずくも、思ってたよりもうまく出たと思います。
たいてい第一号試作品って、思ったようにできなくて、期待ワクワクだと、ガッカリする確率のが高いので(^_^;)
もうちょい黒マット濃い目のがいいのかなぁ?


雨降ってる~お外行けない~


雨のしずく


しかし、「雨降りカップ」という名前は、水漏れしそうで嫌なネーミングかも。

お風呂入ってます

器の入浴


湯のみ、カップなどが焼きあがりました!
温度がなかなか上がらなかった分、時間をかけたので、しっかり焼けてました。ホッ。

水分を入れて使うカップ類は、高台裏まで釉薬かけているので、水がだだもれということはないにしろ、目に見えない土の粒子のスキマから、じーんわりと水分がにじんでくることがあります。
失敗というわけではなく、使用した土の性質上、こういうことは時々起こります。
そこで、念のためにシリコーンコーティングしました。

シリコーンに器を漬け、しばらくしたらしっかり洗います。
そして1~2日ほど放置したら定着するようです。

シリコーンが粒子のスキマに入り込んで、目止めの役割を果たします。
でもこれも完全というわけではないんだよね・・・。
使っていくうちに少しずつ効果が薄れるようなのですが、しないよりは断然いい!

陶器目止め用のシリコーンはどうも2種類あるようで、食器に使用可のものと不可のもの。
これはもちろん食器に使用可の、人体に無害な種類のシリコーン使ってます。

襟巻き・豆まき・恵方巻き

一昨日降った雪が、まだしっかり残ってます。
残雪

さみ~~!!


節分ですね。
今日はサイケバンド改め、パワーポップバンド「ペイズリーズ」のセカンドライブへいってきました。
場所は南青山の「月見ル君想フ」。
会場はこぢんまり小さいライブハウス。
今回は一人参戦なので、守備よく曾我様の正面のほんのちょっとしたスキマに滑り込めました(^^)v
ステージバックには、大きな大きな満月が映し出されてます。


最初のご挨拶は
「みなさんこんばんは。ペイズリーズのセカンドバージンフライトへようこそ!」
セカンドバージン??

バージンフライトの時に聞いた曲に加えて、3人それぞれのお気に入りの曲のカバーもあったり。
そしてステージ上で西南西を向いて太巻きにかぶりつき、ボロボロ食べこぼしてギダーやら床を汚したり。
やっちんの「ハワイでスパ&劇場経営」の野望が語られたり。
そしてステージ上から豆投げつけられたり(笑)
一回目の豆まきでは、小袋に入った豆が投げられて、当たりと書いてある豆を拾った人にはサイン入りTシャツがプレゼントされました。
二回目の豆まきは、バラバラの豆での、これぞまさに豆まき。
なんか力まかせに投げてない?
なぜか二階席からも豆が降ってきて、襟から背中に豆が一粒入ってきたよ~。


そして、しっとりと「こんな日に・・・」をピアノで弾き語り。
とけ残った雪。
「月見ル君想フ」。
映し出された満月。
2月。
あぁ、心が痛い。




Beans


朝から一日両手に荷物持って立ち歩きっぱなしで、そのままラッシュの電車に乗ってスタンディングライブへ。
全身の痛みで、後半は朦朧となってました・・・。

ぞろめ

今日は平成22年2月2日で2が4つ♪
22日には5つ揃うね~。



100202.jpg

今日はカップ焼いてます。
マットな質感の釉薬の上から、ガラス質のツヤあり釉薬をポタリポタリとしたたらせてあります。

雨降りで外に遊びに行けず、おうちの中から物憂げにお外を眺めるうさぎさん・・というストーリーを想像しながら作ったんですが、このような釉薬の使い方をあまりしたことないので、どんな風に焼きあがるか愉しみです♪

1~5

あまおー


キラキラきれいな苺ちゃん♪
味も濃厚で甘くておいしかった~。
1月末から5月の上旬にかけてが旬だから、1-5でイチゴっていうんだって。ホント?

FC2Ad

まとめ